2007年08月08日

鉄コン筋クリート(完全生産限定版) |二宮和也

鉄コン筋クリート(完全生産限定版)鉄コン筋クリート(完全生産限定版)
出演:二宮和也 /蒼井優
アニプレックス
発売日 2007-06-27


宝町で暮らす親を知らない少年クロとシロ。町で“ネコ”と呼ばれるふたりは、かつあげやかっぱらいで暮らしていた。その町で“子供の城”の建設話が持ち上がる。しかし、それは古めかしい宝町を近代化して支配しようとするヤクザの仕業。昔気質のヤクザのネズミは反対するが、彼のボスは謎の男“蛇”にこの計画を一任していた。残酷な蛇はクロとシロを邪魔者だと判断し、刺客をおくる。ケンカでは誰にも負けない凶暴なクロだったが、刺客の前では手も足も出ない。そして追いつめられたシロは刺されてしまう…。
松本大洋原作漫画のアニメ映画化。熱狂的なファンを持つ松本作品だが、この映画はその世界観を想像を超えるほど見事に映像化している。昔懐かしい匂いと迷宮のような不気味さを兼ね備えた宝町の鮮やかな映像、クロ、シロはじめボイスキャストの名演(クロは二宮和也、シロは蒼井優)、原作漫画への深い愛がスクリーンのすみずみまで溢れ、宝町の世界に見るものを自然に飛ばせてくれる。子どもが生きにくい世の中にしてしまった大人たちへ痛烈なパンチをあびせる傑作だ。日本アニメは宮崎駿ワールドが頂点かと思いきや、まったく違ったアプローチと映像世界を持った作品が、その座をおびやかすほどの勢いで登場したことがうれしい。とはいえ監督は米国人のマイケル・アリアス。米国と日本で活躍する映像クリエイターだが、デビュー作とは思えない見事な手腕に脱帽だ。(斎藤 香)

大作ですね。 2007-07-31
さすがは業界をあれだけ騒がしただけの事はありますね。この作品が訴えたい事をすごい考えられます。日本のアニメはこうでないと。ゲ○戦記よりも絶対こっちを買うべきです。

原作も観たくなった! 2007-07-15
ピンポン、青い春、そして本作。

原作はどれも読んだことないけど、これを機会に観たくなりました。

とにかくこの映画面白いです。

シロの声優さんは声優業ではない女優さんだそうですが、めちゃくちゃうまくて脱帽。



はじめて限定版買いました! 2007-07-14
原作が大好きなので、「限定版買うっきゃないでしょ」という事で

初めて高価な「限定版」を購入しました。

原作をはじめて読んだ時、松本大洋さんをまだ知らなくて

「なんか変わった絵だな」という感じだったんですが、読み始めたら止まらず、

全巻読み終えるまでに3回は泣きました。(笑)

本DVDは「原作が好きな人」が作っているんだな〜〜と実感出来ます。

声も他の方のレビューのとおり、違和感なしでびっくりしました。

製作スタッフのみなさんに感謝!そんな一本です。

原作を読んだ人も、そうでない人にも是非見て欲しい作品です。

願わくばフルHDバージョンで見たい!出たら買います!!!

原作好きでも… 2007-07-11
漫画を読むと分かるのですが、原作の松本大洋さんは、シロとクロの住む「宝町」の描写にかなりのこだわりを持っているように思います。例えば建物、街の住人、人々の会話など…
まさかアニメで、ここまで見事にあの「宝町」を再現できるなんて思っていませんでした。この「宝町」だけでも見る価値有りです。
一回目はストーリーを楽しみ、二回目以降は「宝町」を楽しむ…かなり細かい部分まで描かれているので、見る度に新しい発見があります。

声優の方々も、皆さんが言うようにかなりハマっていると思います。原作を何度も読み返している自分でも、違和感無く見る事ができました。特にヘビ役の本木雅弘さん…さすがです。

原作が好きな方に、ぜひお勧めしたいです。


安心あんしん by シロ 2007-07-11
鉄コン筋クリートを見た。小学生の頃には遊び仲間と学区内の駄菓子屋を流して歩くのが楽しみで級友の町を幾つも回ったものだ。そうした町は自分の庭みたいに思えて子供心に満足感とか優越感を覚えた。映画に登場する少年達を見てそんな事を思った。そして大人達は町の裏社会を掌握して私物化してるその対比が面白い。立場は違えど血生臭い暴力は許されるものでないが人が愛や命の尊さを知るには手っ取り早いのかな。彼らが遭遇する夢のような体験を描写したAnimationは美しくて哀しい‥酔ってしまった。シロの恐るべき笑顔が頭から離れない。


さらに詳しい情報はコチラ≫




posted by J at 22:00 | Comment(24) | TrackBack(6) | 二宮和也DVD
2007年08月03日

硫黄島からの手紙 期間限定版 |渡辺謙

硫黄島からの手紙 期間限定版硫黄島からの手紙 期間限定版
出演:渡辺謙 /二宮和也 /伊原剛志 /加瀬亮 /中村獅童
ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日 2007-04-20


1944年、陸軍中将・栗林が硫黄島に降り立った。本土防衛の最後の砦の硫黄島だったが、場当たり的な作戦と非情な体罰により、兵士たちは疲労と不満が渦巻いていた。ところが栗林は違った。アメリカ留学の経験があり、敵国を知り尽くした男は、体罰をやめ、島のすみずみまで歩き、作戦を練りに練った。そして米国が来襲。硫黄島は5日で落ちると予想されていたが、壮絶な闘いは36日間にも及んだ。しかし、その闘いで兵士たちは何を思ったか。それは61年後に掘り起こされた、出されることのなかった家族への手紙にしたためられていた…。
クリント・イーストウッド監督の2部作『父親たちの星条旗』『硫黄島からの手紙』。本作は日本側から見た硫黄島の闘いを描き、そこで何か起こったのか、兵士たちは何を思って闘ったのか、本作では戦場での兵士たちの日常がつづられる。闘いは厳しく、その残酷さに思わず目をそむけてしまうシーンもあるが、戦争とは悲惨で残酷なのだと改めて思わせる。そしてその戦争の虚しさを伝えているのは、兵士・西郷と彼をとりまく若者たち。渡辺謙演じる栗林中将ではなく、主役は若い兵士たちというのは意外だったが、だからこそ、この映画は意味がある。この映画は栗林のヒーロー映画ではない。見る者は西郷の思いに共感し、彼に生き抜いてほしいと願う。硫黄島の闘いを象徴しているのは若い兵士なのだ。西郷演じた二宮和也は戦場でも自分を見失わないように懸命に生きる若者を、加瀬亮がやさしさゆえに挫折を味わう男を熱演し、伊原剛志は元五輪選手のバロン西を豪快に演じる。彼ら日本人俳優たちのアンサンブルは絶妙! しかし、いちばん驚くべきは言葉を壁を超えたイーストウッド監督の演出、さすが名匠、見事だ。(斎藤 香)

最近のアメリカ映画の中では最も日本人を自然に画いた作品 2007-07-14
軍事通の方が細かな点に拘れば、文句の付け所がかなりあるかもしれない。

実際、私も違和感を感じた箇所がいくつもあった。

しかし、あえてそこは目を瞑り最後まで観てほしい。



結論から言えば、アメリカ映画にしては日本人の姿を本当の意味で公平に画けていた。

よくがんばっている。

古くはベストキッド、最近ではラストサムライやパールハーバーにはがっかりさせられ

たが、これは別物だ。

「おこるでしかし!」と思わなかった。

武士道精神や大和魂を曲解し、大袈裟に表現していない。

妙な表現もしていない。

アメリカ人がアメリカ人を画くがごとく、いたって人間くさく日本人を画いてくれて

いるところが実にすばらしかった。



下手なアメリカ人の歴史や民族学者より、クリント・イーストウッドのほうがよほど

日本(人)を良く解っているのではないかと思わせるほどだ。



渡辺謙の演じる栗林忠道もいい。

部下とのギクシャクした微妙な関係もそれなりにうまく再現されていた。



正直なところ、泣く一歩手前まで目頭が熱くなった。

アメリカ側から勝手にみた日本軍? 2007-07-08
だが、米国兵どももしょせんは軍律を守りきれないで、日本人捕虜兵を射殺してしまう象徴的なシーンに、「戦争が人間の狂気を誘導する」、という本質的な真実が意味深くこめられ、国籍に関わらず戦争に狩り出されてしまった若者たちの惨劇が鋭く描写されている。



すべてが日本軍の真実ではないにしても、世界中にこれがみられたにしても、日本人俳優たちはみんな素晴らしい、日本人として誇りにおもえる熱演です。



心に痛烈な痛みが残るが、やはり日本人として見ておいたほうがよい映画、とおもいます



本当にアメリカ人が撮ったんですか? 2007-06-21
クリント・イーストウッドに脱帽です。



「SAYURI」を筆頭にしたトンデモ日本映画ばかり見てきたので、これだけ真っ当なアメリカ人製作の日本の戦争映画が見られるとは思ってもいませんでした。



確かにいろいろな部分で齟齬があるかもしれません。

でも今の日本人が見る分には全然気にならないと思います。



日本の役者達もイーストウッドの期待に答えるかのような名演です。

渡辺謙、もうハリウッドのスターとしての貫禄充分ですね。

伊原剛 バロン西。儲け役ではありますが、とにかくカッコイイ!

加瀬亮 本当に切ない役です。地味な顔立ちがまた役にピッタリでした。



そして二宮和也。

いやー!彼のことみくびってました。

この役には若すぎるし、顔立ちも今風すぎるとか、血色が良すぎるとか、まあ不満な部分もあります。

しかし上手い役者ですね。

涙を2度流すんですが、その泣き方を全く変えているのも素晴しい。

特に2度目、無表情に近い中、つーっと涙がつたわっていく所にはかなり感動しました。



それからこれは間違っているかもしれませんが、この作品は明石家さんまのTVドラマ「さとうきび畑」へのオマージュにも感じます。

日本人捕虜をアメリカ兵が殺すシーン。(さんまもアメリカ人捕虜を殺すように上官に命令されて、拒んだために殺される)

渡辺謙の大事にしていた銃をアメリカ人に捕られて二宮が怒ってアメリカ兵から取り戻そうとするシーン。(さんまのカメラをアメリカ人が死体から捕り、それをさんまの娘が返してくれと頼むシーンがある)



そしてラスト、大量の手紙が舞うシーンに監督の反戦の思いが伝わってきて、何度見ても涙してしまいます。


さらに詳しい情報はコチラ≫


posted by J at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 二宮和也DVD
2007年08月02日

硫黄島からの手紙 (特製BOX付 初回限定版) |渡辺謙

硫黄島からの手紙 (特製BOX付 初回限定版)硫黄島からの手紙 (特製BOX付 初回限定版)
出演:渡辺謙 /二宮和也 /伊原剛志 /加瀬亮 /中村獅童
ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日 2007-04-20


1944年、陸軍中将・栗林が硫黄島に降り立った。本土防衛の最後の砦の硫黄島だったが、場当たり的な作戦と非情な体罰により、兵士たちは疲労と不満が渦巻いていた。ところが栗林は違った。アメリカ留学の経験があり、敵国を知り尽くした男は、体罰をやめ、島のすみずみまで歩き、作戦を練りに練った。そして米国が来襲。硫黄島は5日で落ちると予想されていたが、壮絶な闘いは36日間にも及んだ。しかし、その闘いで兵士たちは何を思ったか。それは61年後に掘り起こされた、出されることのなかった家族への手紙にしたためられていた…。
クリント・イーストウッド監督の2部作『父親たちの星条旗』『硫黄島からの手紙』。本作は日本側から見た硫黄島の闘いを描き、そこで何か起こったのか、兵士たちは何を思って闘ったのか、本作では戦場での兵士たちの日常がつづられる。闘いは厳しく、その残酷さに思わず目をそむけてしまうシーンもあるが、戦争とは悲惨で残酷なのだと改めて思わせる。そしてその戦争の虚しさを伝えているのは、兵士・西郷と彼をとりまく若者たち。渡辺謙演じる栗林中将ではなく、主役は若い兵士たちというのは意外だったが、だからこそ、この映画は意味がある。この映画は栗林のヒーロー映画ではない。見る者は西郷の思いに共感し、彼に生き抜いてほしいと願う。硫黄島の闘いを象徴しているのは若い兵士なのだ。西郷演じた二宮和也は戦場でも自分を見失わないように懸命に生きる若者を、加瀬亮がやさしさゆえに挫折を味わう男を熱演し、伊原剛志は元五輪選手のバロン西を豪快に演じる。彼ら日本人俳優たちのアンサンブルは絶妙! しかし、いちばん驚くべきは言葉を壁を超えたイーストウッド監督の演出、さすが名匠、見事だ。(斎藤 香)

期待はずれかなぁ・・・ 2007-08-06
まず、登場人物のセリフが聞き取りにくくて、よほど音量を上げないと

観られたものではありませんでした。

とまあ、商品についてはそんなところですが、作品としては、戦闘シーンは

それなりに迫力はあり、自決や捕虜の殺害など凄惨な光景もありますが、

ただ戦っているだけで戦況全体が把握できません。日本軍は、ただ洞窟を転々と

するだけで、追い詰められていく様子が伝わってこないのです。

で、いつの間にか総攻撃に打って出て栗林中将戦死で終わります。

時間が長い割には、なんだかなあという感じでした。

最後に、中村獅童が演じる士官はどうなったの?

戦争をテーマとした点だけが評価できる 2007-08-05
戦争というテーマは,必然的にいろいろなことを考えさせたり,感じさせたりしてくれます。この作品も見ればいろいろと考えるところはあります。しかし,この作品はその戦争というテーマに寄りかかっただけの作品という気がしました。すなわち,テーマが視聴者に考えるきっかけを与えてくれるのであり,この作品自体はそれほど訴えるものを持っていないのです。普通の戦争映画というのが正直な感想です(もちろん戦争というテーマを選んだだけでも十分価値はありますが)。

映画に限界があるのは 2007-07-21
当然ですよね。

戦争映画の全てを描くのは不可能に決まっています。ドキュメンタリーならばある程度は可能でしょうが、それも編集によっては全く逆の内容にしてしまうことも可能です。



多くの制限がある中で、「何を描きたいのか」「そして、それが成功しているのか?」

その点を考えれば、この映画はある程度は成功していると思います。



家族を大切に想う気持ち。しかし、実態のない「お国のために」死ななくてはいけない運命。その矛盾と葛藤。それが、渡辺謙や二宮和也の演技を通じて少しずつですが伝わってきました。



戦争の悲惨さなど、もう少し描いて欲しい気もしますが、それでは多くの観衆に観てもらえないリスクも生じてしまいます。だから、仕方がないような気がします。



家族で観られる戦争映画。そして、戦争の本質に少しでも気がつけば…。


さらに詳しい情報はコチラ≫


posted by J at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 二宮和也DVD
2007年07月30日

拝啓、父上様 DVD-BOX |二宮和也

拝啓、父上様 DVD-BOX拝啓、父上様 DVD-BOX
出演:二宮和也 /高島礼子 /横山裕 /黒木メイサ /福田沙紀
ポニーキャニオン
発売日 2007-08-01


神楽坂の老舗料亭「坂下」で修行する板前の卵・一平(二宮和也)は、元芸者の母に育てられた青年。母は決して父親が誰であるか教えないが、一平は知りたくて仕方がない。規則正しいが忙しい毎日を過ごす一平の身辺が最近は慌ただしくなってきた。新入りの板前見習いの時夫と同居を余儀なくされ、また店のスポンサーでもある政界の大物が倒れたという知らせが入った。そんな中、一平は、リンゴを落としたフランス語を話す美女に一目惚れをする…。
一平がまだ顔の知らない父親に自分の日常を手紙に綴る、それがナレーションとなって、神楽坂のひとつの料亭を取りまく人々の悲喜こもごもの日々がユーモラスに語られる、倉本聰脚本によるホームドラマ。ドラマ『優しい時間』で好演した二宮和也の演技力に惚れ込んだ倉本が二宮のために書いたというこのドラマは、彼の代表作のひとつに数えられる名作『前略おふくろ様』を彷彿させる。ていねいに描かれたディテール、演技派の役者たちがじっくりと見せる人間関係は、懐かしさと温かさで見るものを包み込んでくれる。家族、恋人、友人、いろんな人間関係の中に少々のスパイスをきかせながら、その中にぬくもりを感じさせる安心して見ていられるドラマだ。二宮のほか、梅宮辰夫、八千草薫、岸本加代子、高橋克美、高島礼子、黒木メイサが出演。(斎藤 香)

このクールの中では一番のドラマでした。 2007-08-06
嘗て、芝居にうるさい知人が「倉本のドラマはどうでもいいような瑣末なディテールの集積である」

みたいなことを褒めてるのか貶しているのかいまひとつ判然としない口調で語っていましたが、

このドラマなどはいい意味でそんな評どおりものだったと思います。

ジェットコースターのようなめまぐるしい意外なストーリー展開

(もちろんそれはそれで楽しいのですが)でぐいぐいひっぱっていくのではなく、

まるで名人の落語のような、安心してどっぷり浸れる「なにげない会話に聞き入る楽しさ」に

満ちた名作だったと思います。

 ただカノジョのパパが自分の父親かもしれないと主人公が苦悩するというエピソードは

面白いものではなく、物語にふくらみをあたえてもいなかったので無くてもよかったのでは。

そんなマイナス要素もあったりはしますが、全体としては実にすばらしい上質を感じさせる作品だったと

思います。ガキむけドラマばかりが氾濫する現在のテレビドラマ界ですが、

倉本さんにはこれからも大人の鑑賞にたえる”本物のドラマ”をもっともっと発表していってほしいと思います。

時がゆっくり、ゆっくりと。 2007-08-03
今のドラマには少ないスローでゆっくりとした展開です。

その割には展開は早いのですが、ナレーションのおかげでじっくりと観る事が出来ます。

色々な展開が一斉に起こるわけですが、そのゆっくり流れる日常を、

物語の主人公、田原一平(二宮和也)が捕らえているわけです。

温かくも、繊細で、それでなくても切ない・・・。

一平の気持ちは色々な所へ交差しながら、その数だけ色々なものを見つける訳です。

素晴らしい人情ドラマだと思います。



出演されている役者も文句なし。

田原一平役の二宮和也、その母親・雪乃役の高島礼子、

中川時夫役の横山裕、坂下エリ役の福田沙紀や、唐沢ナオミ役の黒木メイサ。

どれも将来性のある素晴らしい役者ばかりです。役に完全になりきってましたね。



どんどん展開が先に進んでいって、どんどん新しい話題や疑問が作られてゆきます。

一平の恋。坂下の売却問題。一平の父親等・・・。観てて飽きません。

私のお勧め作品の一つです。

すばらしいドラマです 2007-07-30
最近見たドラマの中では、大人の鑑賞に堪えられるイチオシのドラマです。ジャニーズファンの若者にはこの情趣は理解できないかもしれませんが、丁寧に作られていて、ユーモアのセンスにも富んで、本当にしみじみと心に残る素晴らしいドラマだと思いました。八千草薫の老女将の可愛らしさにやられました。二宮和也は、倉本聰が彼を頭に置いて脚本を書いたというだけあって本当に適役でした。彼のファンになりました。TVの放送を見逃した方は是非DVDでご覧下さい。

ニノ、危うし!! 2007-07-04
二宮くんと横山くんに釣られて観ましたが、全体的に何か、飲み込めない物をずっと咽につっかえさせたまま最終回まで行っちゃった感がありました。私はこのドラマの流れに乗れませんでした。何話か忘れましたが、料亭の年上の女性に二宮くんが襲われてました(事務所的にいいのか?あれは)。そんな展開を想像もしなかったので、正直、劇中の一平(二宮くん)と同様にビビリました。それにしても二宮くん、歳取らないな…容姿の変化の無さに、怖くなってきた…。

実はブッ飛びドラマ 2007-07-02
倉本脚本のフジテレビ連ドラ。前作『優しい時間』に続いて二ノ宮が主演。

僕は前作の『優しい時間』がぜんぜんダメでした。圧倒的に今回の方が面白

かったですね。

このドラマは人情コメディというジャンルの姿をしたブッ飛びドラマです。

僕はそう感じました。倉本節とも言える言葉や、これでもかと入ってくる

ナレーション。これが悪魔的であり麻薬的でもある効果を生み、クセになり

ます。

人情でも何でもないですよ。このドラマは。コメディではあると思います

けど。結局最後まで正体が分からない「父上」の謎を中心(時にはサイド)

に展開するブッ飛びコメディドラマです。



面白かったです。


さらに詳しい情報はコチラ≫


posted by J at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 二宮和也DVD
2007年07月28日

天城越え |大岡進

天城越え天城越え
出演:大岡進 /二宮和也 /田中美佐子 /蟹江敬三 /長塚京三
ポニーキャニオン
発売日 2007-05-16


1998年元旦、TBS系で放映された田中美佐子・二宮和也(現・嵐)主演のスペシャルドラマ。原作は、松本清張による同名の傑作ミステリー。映画『硫黄島からの手紙』で世界に通ずる演技力の高さを知らしめた二宮の初期主演作であり、撮影当時14歳だった彼が、早くも才能の萌芽を見せつけた作品。純朴な多吉少年のイメージのままに、坊主頭で臨んだ二宮の姿は清冽で初々しい。妖艶な女性に導かれ、少年から男へのステップを踏み出す多吉の表情は実になまめかしく、スリリング。
時は大正15年の盛夏。勤勉な少年・多吉(二宮和也)は、伊豆山中で酌婦のハナ(田中美佐子)と出会う。自堕落なハナと共に旅を続けながら、多吉は大人への扉を開いてゆくが…。危うげな色気で少年を戸惑わせるハナ(田中美佐子)の魅力は、筆舌に尽くしがたい。(みきーる)

待望のDVD化! 2007-05-15
二宮君を初めて観たのがこのドラマでした。当時「いい子役が出てきたな」と思っていたら、音楽番組に出演していて「アイドルなの??」と驚いた記憶があります。現在も目覚ましい活躍をしていますが、すべての原点はこの作品にあります。言うまでもありませんが、物語も共演者も素晴らしいです。


さらに詳しい情報はコチラ≫


posted by J at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 二宮和也DVD
2007年07月25日

STAND UP !! DVD-BOX |嵐

STAND UP !! DVD-BOXSTAND UP !! DVD-BOX
出演:嵐 /二宮和也 /山下智久 /鈴木杏 /成宮寛貴
TBS / メディアファクトリー
発売日 2003-12-19


いまだ童貞を卒業していない4人の高校生たちが、それぞれに体験する17歳のひと夏を描いた正調青春エロコメディー。戸越公園駅前商店街で生まれ育った幼なじみ、ショーちゃん(二宮和也)、ケンケン(山下智久)、ウダやん(成宮寛貴)、コーちゃん(小栗旬)の頭の中は、常時エッチのことで満員御礼。童貞であるがゆえの屈辱に耐えきれない4人は、純潔保存会を結成する裏腹な行動に出てみたりもして。そんなとき、昔彼らのマドンナ的存在だったチエ(鈴木杏)が、すっかり地味にバージョンダウンして11年ぶりに彼らの前に姿を現わす。
清く正しくポップなスタンスは、この青春グラフィティに終始一貫するところ。不純異性交遊反対を旗印に、ありとあらゆる手で主人公たちの純潔喪失作戦の妨害に入る商店街の大人たちは、このパートだけでも1本ドラマが作れそうなほどに強烈なキャラクターぞろいだ。脚本の範疇を越えた小ネタの嵐の中では、とりわけ「世界かれいどすこうぷ」からはじまる望月先生(釈由美子)のTシャツロゴ群に注目。(麻生結一)

コメディードラマ好きな人にはお勧め 2007-05-21
嵐の二宮、NEWSの山下、ごくせん1で共演してた小栗&成宮、女優は、鈴木否、釈由美子と出ておりますし、お話も性教育+学生の青春ストーリーだと思って頂けたらよいのではないかと思います。



一応コメディー系ドラマが好きである人にはお勧めしたいドラマです。

放送期は03年7月〜9月クール。

青春っていいよね 2006-09-14
やっぱり青春っていいよね…と感傷に浸りました。初めは二宮くん目当てで見出したので、ドタバタコメディーか…とガックリしたのですが、3話目ぐらいから内容も四人組も素朴で純粋で可愛いくて、懐かしいホッとするような感覚で最後まで一気に観ました。恋愛模様もせつない感じがよかったし、多感な年頃の友情もいいなぁと。大人が青春時代に遡ってほのぼのなれる作品だと思います。

またがんばれそう! 2006-03-28
なにか、こう、忘れていたものを思い出す感じですね。何歳になっても、毎回涙があふれてくると思いますよ。とにかく観てください。伝わるものが必ずあるはずです。そして、出演者全員、大好きになってしまうでしょう。

究極の性教育 2005-06-28
回りくどく話さなくても、このDVDを観れば何が一番大切か感じてもらえると思います。
特に男の子とその親たちに観ていただきたいですね!!


さらに詳しい情報はコチラ≫


posted by J at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 二宮和也DVD
2007年07月15日

黄色い涙 ~より道のススメ~ |二宮和也

黄色い涙 ~より道のススメ~黄色い涙 ~より道のススメ~
出演:二宮和也 /相葉雅紀 /大野智 /櫻井翔 /松本潤
ジェネオン エンタテインメント
発売日 2007-04-04


2007年春。J Storm MOVIE第6弾として公開された嵐主演の映画『黄色い涙』を、より楽しむためのナビゲートDVD。時は1963年。東京オリンピックの開催を翌年に控え、高度経済成長に沸く東京・阿佐ヶ谷の町に集った青年たち――。漫画家の村岡(二宮和也)、歌手の井上(相葉雅紀)、画家の下川(大野智)、小説家の向井(桜井翔)、そして勤労青年の勝間田(松本潤)。若者たちの青春と成長の痛みを、情感あふれる映像で描いた犬童一心監督の思い入れや、映画本編に収録できなかったエピソード、出演者インタビューなどがきめ細かく収められており、良質な作品ガイドとしておすすめ。本編の鑑賞前後に観ることで、さらに深く作品の魅力を味わうことができる。(みきーる)

コレクターならどうぞ 2007-04-05
映画撮影風景や嵐各人のインタビューもあるので、コレクターなら買ったら良いと思う。

しかし、雑誌などで既出の内容(コメント)なので、あまり新味は無い。

1000円位なら、納得の内容だと思う。


さらに詳しい情報はコチラ≫


posted by J at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 二宮和也DVD
2007年07月10日

ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARD だから HAPPY 通常版 |大野智

ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARD だから HAPPY 通常版ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARD だから HAPPY 通常版
出演:大野智 /相葉雅紀 /松本潤 /二宮和也 /櫻井翔
ジェネオン エンタテインメント
発売日 2004-10-20


カリフォルニアでミュージシャンになったタクマが帰国し、八塩団地で育った仲間たち、ハル、チュウ、シュンと再会。ハルは不倫関係だった人妻と半同棲、暴走族だったチュウは結婚して、一児の父になり、シュンは編み物の達人になっていた。でもそこにボンの姿だけがなかった。彼は割烹料理店で見習い中。いま修行の身なのだ。そんなとき、彼らが住む八塩団地の一部が八塩ヒルズとして開発されることに。推進派の自治体と建設に反対する八塩ピースが火花を散らす中、そのバトルにハルが巻き込まれていく…。
前作から3年後という設定。いつもツルんでバカやっていたいた仲間たちも大人になった。もう小さなことに夢中になり、熱くなる年ではない…といいつつ、ハルの危機に久しぶりに一致団結した彼らが、友情をよみがえらせていく姿には、ついつい目頭が熱くなってしまう。ハルが団地の建設問題に巻き込まれていくエピソードを軸に、それぞれのエピソードを巧みにからませていく堤幸彦の演出は遊び心満載。主演のアイドルグループ“嵐”ファンだけでなく、大人にこそ見てほしい、青春を再認識させてくれる映画だ。(斎藤 香)

とにかくおもしろいです 2006-07-18
見る前はただのアイドル映画だと思っていたんです。でも本当に面白い!!嵐のメンバーがあんまり二枚目じゃない役を演じてて、そこがいいんです。松潤なんてこんな役珍しいかも??

本当に笑いっぱなしで、もうくだらなくて、でも、ぜひ大人の男性に見てもらいたいと思います。前作を見ていない人でも十分楽しめます。

笑いと感動2度おいしい作品です。 2004-11-07
前半40分は、もう笑いっぱなしでした。後半は、男の子の友情っていいなあとほろりとします。
前作を見ていなくても、タクマが3年ぶりに帰ってきたところから始まるため、そのタクマに、それまでの団地の様子や、友達のことを詳しく説明されているので、すんなりは入れます。
5人は今成長段階の真っ只中で、社会は責任もあり、厳しく、壁にぶつかったり、逃げようとしたり、いろいろですが、最後は、彼らなりの答えを出していますので、いま、社会のでて、悩んだりしている人にもいいかもしれないですね。できれば、嵐を知らない、男の人に見てもらいたいです。きっと何かを感じる作品ですよ。
堤監督の、小ネタ、いろいろなところで使われています。一度では見落としたりしますので、細かいところまでチャックして笑っていただけたらと思います。
こんないい作品なのに、全国で劇場公開されないのが不思議でなりません。ぜひ、ピカ☆☆☆ンチターキ(3)も、作ってほしいです。

期待どうり(^_-) 2004-10-20
限定版に間に合わずにこちらを買いましたがその後の5人のかっとうが見れてとても面白くてくぎずけになりました。日頃と違う5人が見れてお勧めです!!最後のCHUの活躍がまたまたかっこ良かったです。ぜひ見てみて下さい_(._.)_

待ち遠しい(^0^) 2004-08-17
いのっちが原案って理由で、前作「ピカ☆ンチ」を観たのですが、期待以上の面白さに大爆笑!
で、この「ピカ☆☆ンチ」は、前作以上に面白いという噂なので発売が待ち遠しいです。
限定版特典はありませんが、純粋に映画を楽しみたい人・限定版の予約に間に合わなかった人、こちらの通常版を買ってみてはいかがですか?
ちょっと大人になった5人に逢えますよ。


さらに詳しい情報はコチラ≫


posted by J at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 二宮和也DVD
2007年07月08日

ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARD だから HAPPY 限定版 |井ノ原快彦

ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARD だから HAPPY 限定版ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARD だから HAPPY 限定版
出演:井ノ原快彦 /相葉雅紀 /松本潤 /二宮和也 /大野智
ジェネオン エンタテインメント
発売日 2004-10-20


カリフォルニアでミュージシャンになったタクマが帰国し、八塩団地で育った仲間たち、ハル、チュウ、シュンと再会。ハルは不倫関係だった人妻と半同棲、暴走族だったチュウは結婚して、一児の父になり、シュンは編み物の達人になっていた。でもそこにボンの姿だけがなかった。彼は割烹料理店で見習い中。いま修行の身なのだ。そんなとき、彼らが住む八塩団地の一部が八塩ヒルズとして開発されることに。推進派の自治体と建設に反対する八塩ピースが火花を散らす中、そのバトルにハルが巻き込まれていく…。
前作から3年後という設定。いつもツルんでバカやっていたいた仲間たちも大人になった。もう小さなことに夢中になり、熱くなる年ではない…といいつつ、ハルの危機に久しぶりに一致団結した彼らが、友情をよみがえらせていく姿には、ついつい目頭が熱くなってしまう。ハルが団地の建設問題に巻き込まれていくエピソードを軸に、それぞれのエピソードを巧みにからませていく堤幸彦の演出は遊び心満載。主演のアイドルグループ“嵐”ファンだけでなく、大人にこそ見てほしい、青春を再認識させてくれる映画だ。(斎藤 香)

感動した。 2005-11-24
前作がとても面白かったので、今回のも楽しみにしてましたvv

運良く限定版があったので即購入!!!



団地をイメージしたパッケージで、面白いです。その分場所をとりますが(笑)

フィギュアが可愛かったです。

似てる!とはお世辞にもいえませんが、記念としてとっておくのもいいと思います。



そしてDVD。映像特典がたくさん有って、ファンにはたまらなく嬉しかったです!!

本編は、タクマが帰ってくるところから始まります。

感動する場面も笑える場面もいっぱいあって、これぞ「青春ムービー」でしょう!

チュウが妻子持ちで驚きました。サラサラ黒髪ヘアで、前作を知ってる人にはたまらないと思います。

接待舟のシーンも、泣けました。



この映画は老若男女すべての人に楽しんでいただけると思います。

ぜひ、買ってみてください。映像特典がとにかく多いです。

私的にツボなのは、チュウの「がらじゃないぞぉっ!!」と、前作よりもっと悲惨な声になったハルです・・・vv(笑





是非見てください☆ 2005-02-18
初回限定版特典のフィギュアはちょっとちゃっちい感じがしました。
顔もあまり似てないし…。
前回の時みたいに「だんちっちストラップ」とかの方が良かったなぁ。
しかし、本編の内容は良かったです!
チュウが結婚して子供が出来、更正して一生懸命働いているところがステキでした。
髪型もリーゼントをおろし、黒髪のサラサラヘアーになっていて「俺、全身凶器!」と言っていた時とは別人でした(笑)
家族を養っていく為に、絶対に乗らないと誓っていた屋形船に接待で乗った時は涙を誘いました。
そしてその光景を偶然見てしまう、ハル、シュン、タクマ。
切なくて泣けました。
後半でタクマが前回も歌った「道」を歌詞を変えて歌います。
それがまた泣けます!
とっても温かい気持ちになれる歌詞です。
最後はスッキリとした感じで見終わる事が出来ます。

前作の方がよかったかな。 2005-01-24
桜井翔の役が俺は一番好きだったよ。
かっこいいって感じがしました。
フィギアはもっとリアルにして欲しいって思います。
松本潤ももっとかっこいい役で演じて欲しかった。
二宮くんはOKだと思います。

ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARD だから HAPPY 2004-12-30
この映画はとっても感動するような話でした。
一言で表すと『青春』って感じがするような映画でした。
嵐は最高です☆

あれから3年・・・ 2004-11-23
前回発売された「ピカ★ンチ」のDVDは、私のお気に入りのDVDでした。
今回続編・「ピカ★★ンチダブル」が発売されることになっでDVDを買いました。
前回から3年後という設定で、5人それぞれが個性的に成長し、そして騒動を巻き起こすという、堤監督らしい、嵐らしい青春ムービーになっていました。
前回のような勢いはなくなったものの、変わらない友情があり、おもしろさやせつなさ・・・さまざまな感情を与えられました。
3年という月日の中で5人がどう成長したか、ぜひみなさんにも観て欲しいと思います。


さらに詳しい情報はコチラ≫


posted by J at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 二宮和也DVD
2007年07月02日

メイキング・オブ 「ピカ☆☆ンチ」 |大野智

メイキング・オブ 「ピカ☆☆ンチ」メイキング・オブ 「ピカ☆☆ンチ」
出演:大野智 /櫻井翔 /相葉雅紀 /二宮和也 /松本潤
ジェネオン エンタテインメント
発売日 2004-02-18




嵐最高! 2004-10-23
嵐5人のいろんな個性がでてて、すごくよかった。
3年ぶりの再会で1人1人が成長している感じがすごく出ていた。
また、切ない部分もあり、感動した!そして、最後には5人の絆が強く見られて、すごくきれいな終わり方だった。絶対見る価値ありです。

映画がとても楽しみになります! 2004-03-18
地方住みで映画を見に行けないので、DVD化されるまでのつなぎとして購入しました☆チュウがリーゼントから黒髪のサラサラヘアに変わってたり、ハルが妙にピチっとした七三分けになってたり・・・とても映画が楽しみになる構成です。
ただインタビューばかりなので、買ってもリピート率は低いかもしれませんね。。。

公開を待て!! 2004-02-23
『ピカ☆☆ンチ』のメイキング、公開を前にして発売ですね〜!
うれしい!!やった〜!!
メンバーのインタビューとか『ピカ☆ンチ』『ピカ☆☆ンチ』の
ダイジェストとか満載でこざいます!
公開前に自分の中のピカ☆☆ンチ度のUP!!もはかれます。
劇場に行けない方もこれ見て本編のDVD化まで頑張ってください。
これ見るともう公開がよりいっそう待ち遠しくなりますよ〜。
また映画を見た後にもう一回みたらより一層ハマルかも・・・。
あ〜早く見に行きたい!!

帰る場所は、ここにある。 2004-02-21
〜前作ピカ☆ンチ☆の続編、ピカ☆☆ンチのメイキングです。
映画公開の前にメイキングが発売なのは??って感じでしたがなかなか楽しいDVDでした。
 内容は前作ピカンチから3年後再会した彼らが巻き起こす(巻き込まれる)騒動、ピカンチダブル(団地青春ムービー!?)の撮影中のオフショット、インタビューなどです。
〜〜
仲の良い素の嵐、演技に向かう真剣な嵐とのギャップが見られます。
堤監督、脚本の河原さんのピカンチダブルに対してのコメントも興味深いです。
♪個人的にはハル役の大野くんがハルになると内股になる…のところのインタビューが良かったです。〜

嵐i・Love 2004-02-18
もうサイコー!っていうか・・・・!
ニノカッコイイ!!!!!!!!


さらに詳しい情報はコチラ≫


posted by J at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 二宮和也DVD

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。